第2外国語の単位をしっかりとれ

大学に入ったのはいいが、語学の単位が取れない、就職できない。これは困った。困った時の裏技頼み。卒業・就職に役立つノウハウのご紹介サイトです。

第2外国語を学ぶ理由とは

裏技,ノウハウ,通販,教えてくれるところ

大学に入ると、
英語の他に第2外国語を学ぶことになります

 

第2外国語というのは、
英語以外の外国語と言うことになるんですが、
学部や学科によって学ぶべき言語が決められている場合もあります。

 

たとえば医学部や工学部の化学系ならドイツ語は必修になります。

 

これは医学や化学の先進国がドイツであったせいです

 

今でこそ、
どんな知識も英語で学べるようになりましたが、
明治初期にはまだ、
どの国の言葉も対等でした。

 

イギリスが世界中に植民地を作り、
イギリスの勢いがなくなったあとに
同じ英語を使うアメリカが世界の覇権を握ったために、
英語が実質上の世界標準言語となったわけですが、
それまでは様々な国の知識は、
その国の言葉でしか学べなかったわけです。

 

ということで、
たとえば日本の海軍はイギリス式なのに陸軍はドイツ式、
治水事業はオランダ式、
美術関係はイタリア式、
と言う風になったわけ。

 

日本の大学は、
明治時代の最先端の国から知識を導入したので、
それぞれの学部や学科によって、
学ぶ第2外国語は違うわけですね。

 

また文学部などでは、
第3外国語まで学ぶこともありますが、
語学というのはその国の文化が背景にあるので、
習得がなかなか難しいものです。


語学取得は、先手を取って学習することが必要。

裏技,ノウハウ,通販,教えてくれるところ

第2外国語で単位を取るには、
とにもかくにも、

その言語の特徴をつかむことが重要になります

 

授業などでは文字や発音を覚えるところからはいるわけですが、
たいていの場合、
音から入った方が理解しやすいものです。

 

というのも言語というのは言葉ですから、
まず耳慣れることが重要で、
それをどういう風に表記しているのかを覚えると近道です。

 

要するに、
口に出して言えない言語は、
覚えられないって事です。

 

そして大学の語学というのは、
1年目に初級、
2年目にはもう中級と言うことになりますので、
ボンヤリしていると単位を落として再履修と言うことになってしまいます。

 

中級の授業は初級の単位を取らないと履修できない場合もあるので、
とにかくまず初級の単位を取らないと。

 

そのためにも最初から近道教材・裏技教材を用意して、
言語の大枠をつかんでしまいましょう。

 

このカテゴリーでは、
そんな裏技教材を紹介します。


第2外国語の単位をしっかりとれ記事一覧

ドイツ語の単位を取る裏技

私はドイツ語の単位が取れなくて、3回も留年しました。工学部の化学系の学科だったので、ドイツ語の単位が取れないと進級させてくれなかったんですね。ドイツ語というのは英語の兄弟言語で、単語も英語と似たところがあります。ところが似ているからと言って理解ができるわけでもありません。そもそも英語力がなければ、英...

ドイツ語の単位を取る裏技

 

フランス語の単位を取る裏技

フランス語が分からない?フランス語の単位が危ない?それってもしかしたら、勉強法が良くないのかも。普通のフランス語のカリキュラムで理解できないのなら、別の方法を検討しないとね。新山理沙さんによると、フランス語の学習者の90%は、遠回りの方法で勉強しているという。新山理沙さん自身、フランスに留学したのに...

フランス語の単位を取る裏技

 

スペイン語の単位を取る裏技

語学の単位を楽に取りたいなら、スペイン語。もちろん学部や学科指定の第2外国語があれば、それで取るしかないけど、なんの外国語でも良ければ、躊躇なくスペイン語。理由は簡単。発音が日本語に似ていて、カタカナで全部表記できる。単語もローマ字読みでいいし、比較的読み書きが簡単。しかもスペイン語には大きな利点が...

スペイン語の単位を取る裏技

 

ロシア語の単位を取る裏技

ロシアは日本とのつながりが深い国です。江戸時代からロシアの船は日本を何度も訪れていますし、遭難した漁船の乗組員がロシアから帰ってきたりもしています。現代でも日本から多くの留学生がロシアで学んでいます。鳩山元首相やその息子さんもロシア留学組ですね。日露戦争では敵として戦った国ですし、北方領土問題もある...

ロシア語の単位を取る裏技

 

中国語の単位を取る裏技

受験勉強の秘訣は何かと問われたら、出る問題から先に勉強するって事ですね。それは中国語の学習でも同じ事。よく使われる表現からまず覚える。ところが中国語の学習では、発音などの話から入り、結局何に着目して勉強して良いのか分からなくなる。でも実は、動詞にフォーカスして勉強すれば、初級レベルは難なくクリアでき...

中国語の単位を取る裏技

 

【商品・ノウハウについての注意書き】

こちらで紹介している商品・ノウハウは全ての方に効果があることを保証するものではありません。効果には個人差があります。