物事を関連づけて覚える裏技

物事を関連づけて覚える裏技

司法試験や司法書士試験など、難関試験に合格するには、膨大な事項を関連づけて覚える必要があります。それってどうやればできるようになるんでしょうか。

★学校では教えてくれない通じる英語の発音法。ネイティブスピーク

物事を関連づけて覚える裏技

ユダヤ式,勉強法,記憶術,裏技,教えてくれるところ

司法試験など、
難関の資格試験に合格するには、
武器が必要です

 

成功するヤツというのは、
成功する秘訣というのを持っています。

 

それは笑顔だったり人付き合いだったり、
他人の顔と名前を瞬時に覚えてしまう能力だったり、
誕生日や家族の情報を覚えていたり
そう言うちょっとしたスキルだったりします。

 

これって実は記憶術ですよね

 

必要な情報と関連情報をすぐに覚えて、
使いこなす。
これができるヤツの特徴です。

 

となると、
単純に言葉の意味や用語を覚えていくような勉強法はムダって事です。

 

覚えることよりも思い出すことの方が重要で、
関連してドンドン思い出せるように覚えないと。

 

そしてもう一つ重要なのが、
記憶の欠如がないことですね

 

たとえば必須アミノ酸と言えば、
8種類のアミノ酸が全部でてこなくてはいけません。

 

必須アミノ酸の覚え方としては、
「トロリーバス不明」と言うのが有名で、
これはトリプトファン・ロイシン・リジン・バリン・スレオニン・フェニルアラニン・メチオニン・イソロイシンという頭文字を取ってるわけですね。
抜けがあるとマズいわけです。

 

でもそんな記憶法・勉強法ってあるの?
それがこれです
物事を関連づけて抜けなく覚える裏技「試験に受かるユダヤ式記憶術」
「試験に受かるユダヤ式記憶術」
マインドマップと併用すると効果がすごいかも。


【商品・ノウハウについての注意書き】

こちらで紹介している商品・ノウハウは全ての方に効果があることを保証するものではありません。効果には個人差があります。

物事を関連づけて覚える裏技関連エントリー

司法試験・難関試験突破の裏技
司法試験や難関試験は、覚えることが多すぎますよね。しかも他との関連性も重視して覚えないといけない。こういう時には、マインドマップで覚えるスキルが役立ちます。
超効率的に勉強を進める裏技
試験が目の前に迫っている、試験本番まであと数ヶ月しか時間がない。こういう時、超効率的な勉強法があったらなあと思いますよね。でもそれってどんなもんなんでしょう。
不合格から合格をつかむ裏技
司法試験などの難関資格を取るには、資格取得の熱意が必要です。あなたにはなぜその資格が必要なんですか?不合格から学ぶあなた自身の合格勉強法
E判定F判定から東大に合格した裏技
頭の回転速度が2倍になったら、不可能だと思った試験にも合格。脳の速さを2倍に上げる裏技教材のご案内です。